TOP

一人が寂しい夜は風俗嬢に甘えに行っている私の体験談です。

西川口のソープで元クラスメイトとの再会

元クラスメイトと思いもよらない場所で再会しました。それは西川口のソープ(https://fuzoku.jp/saitama/a_2069/biz_2/)です。こういった話は体験談なんかではよく見かけますけど、自分の身に降りかかることになるとは思っても居ませんでしたね。正直、気まずかったですよ(苦笑)
しかも顔を知っている程度であればまだよかったのかもしれません。もしくは物凄く仲が良くて冗談にも突っ込めるくらいの信頼関係があれば「なんでここにいるの?」みたいに聞けたかもしれません。でも彼女とはそこまで距離が近い訳でもなく、かといって全く知らないような関係でもなく。昔は大勢で一緒に遊んだこともあるくらいの距離感だっただけにものすごく微妙な雰囲気になりましたけど、その微妙な雰囲気こそが快感をもたらしてくれたのかなとも思いますね(笑)
正直、あんな複雑な気持ちで女の子と楽しんだソープは初めてです。どうすれば良いのか分からなかったものの、途中からは開き直って興奮してソープを楽しむことが出来たんじゃないかなって。

色黒くらいがソープ嬢にちょうど良いのかも

今までは色白な女の子が好きだったので、風俗で女の子を探す時もまずは色白かどうかを一番に考えるくらい、自分にとって重要な判断材料だったんですけど、その日たまたま行った西川口のソープではちょっと地黒のRちゃんを指名してみました。るかちゃんがあまりにも暴力的な巨乳の持ち主でもあったので、これは指名するしかないだろうと。肌の色云々ではなく、これだけ凄いモノを持っていたら男としては指名したくなるだろうと。
肌の色云々ではなく、巨乳ってことで彼女を指名してみたんですけど、むしろそのおかげで地黒のソープ嬢も魅力的だなって思いました。むしろその方がリアリティというか、身近な雰囲気があったんですよね。色白よりも生活感があるというか、彼女は普段何をしているのかな…とかプライベートの部分まで感じさせてくれる女の子だったんです。そこに物凄く興奮させられたんですよね。だから今後はソープで地黒の女の子を指名してみるのも悪くはないんじゃないかなって思いました。