>  > たまに。それをどう考えるか

たまに。それをどう考えるか

風俗は本当にたまに利用する程度なんですけど、その「たまに」という点をどう考えるのかは割と大きなテーマかなとも思うんですよね。たまにだからこそ失敗したくないって考え方もありますし、逆にたまにだからそこまでこだわらないって考え方もあると思うんですよね。それこそたまにであればどんな女の子であっても新鮮な気持を楽しめるのは間違いないと思うんですよ。だからこそ個人的には風俗ではそういったことも含めて、自分としてもどう考えるのかが一つのテーマかなと。でも、あまり深く考える必要はないかなとも思っているんですよね。なぜなら誰を指名しても理屈抜きで楽しいと思いますし、更に言えばどんな時であってもそれはそれで楽しめるし女の子だってしっかりと男を満足させようって気持ちを持ってくれている女の子ばかりなので、こちらからあれこれ言う必要なんてあまりないんじゃないかなって。だからあまり考える必要もないんじゃないかなと(笑)

風俗には借金してでも行きますよ

風俗を利用したいって気持ちが高ぶってきたら借金してでも行きますね。キャッシングしたり、クレジットカードを利用出来る所であればクレジットカードで利用したり。自分自身、我慢ってのが一番悪なんじゃないかなって思うんですよ。もちろん我慢しなければならないようなこともあるとは思いますが、仕事ならいざしらずプライベートであれば我慢なんてする必要ないんじゃないかなと。風俗を利用しない我慢じゃなくて、風俗を利用してその他の部分で我慢する。それが我慢の在り方かなとも思うので風俗を利用したいって思った時にお金がなかったら借金してでも風俗を利用するようにしています(笑)それに風俗に行ってイライラが解消というか、欲求不満を解消することが出来るならそれだけでも大きなメリットなんじゃないかなって思うんですよ。それを考えたら風俗での出費なんて大したものではないですし、得られるものの大きさを考えたら借金する価値はあるかなと。

[ 2016-08-08 ]

カテゴリ: 風俗体験談